しおぽぽ育児絵日記

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこと2018年7月に生まれた愛娘ぽぽぽんを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

息子の妹への加害が気になる

スポンサーリンク

こんにちはcabucafeです。2015年10月生まれの息子しおちゃんこと、2018年7月生まれの娘ぽぽぽんを育てています。

 

今日はちょっと悩みをつらつらと

娘の背中にミミズ腫れのひっかき傷

悩みのきっかけはお風呂で娘の背中にミミズ腫れのひっかき傷を見つけたこと。

背中に伸びる筋が5、6本、ところどころ血が出ている。

それを見てお風呂に入る前、息子が娘の背中を掻いていたのを思い出した。

 

その場で息子を叱ったら「妹がおむつの引き出しにイタズラをしていたからだ」と言った。おむつは遊んでもいいように手の届くところにおいているし、あなたが怒ったり叱ったりすることじゃない、と諌めた。

 

「これ、痛そうでしょ?息子がさっき背中を掻いたときに出来たんだと思うよ。お風呂に入ったらお湯がしみて痛いかもしれない。いっぱい泣くと思う。こんなに強く娘ちゃんをひっかいちゃいけないよ」というと

 

「うん」「痛そう」「ごめんなさい」「もうしない」と言って泣いた。

 

でも知っている。泣いて反省するのは今だけ。またやる。

 

生まれた直後は憎しみだった

娘が生まれてすぐは自分の居場所を取られた、ママが取られた、邪魔、ムカつく。

そんなことがありありと分かるような態度だった。

 

偶然を装って叩いたり、踏んだり、蹴ったりしようとした。可愛がらなきゃいけないと頭でわかっていても、できない。葛藤が伝わる。癇癪を起こす。

怒れなかった。注意はしても。息子の辛さがわかるから。

 

でも、段々と息子も落ち着いてきて、憎しみや苛立ちから娘に攻撃することは減ってきました。

 

今は妹を可愛がっている

息子が娘と出会ってからそろそろ1年。息子の中でも娘が一緒にいるのが当たり前になってきた様子。

おもちゃを鳴らしてあげたり、絵本を読んであげたり、お茶を飲ませてあげたりして可愛がっています。

泣いていたり、いけないことをしていれば私に教えてくれます。

自分のおもちゃが取られたら大絶叫したり、泣いたりしますがそれは子供なら当たり前。「他のおもちゃを貸してあげて」と言えば使っていないおもちゃを持ってきてくれます。

娘の成長も「こんなことできたよ!」「すごいね!!」「おおきくなったね!!」と私よりも喜んで娘を褒めてくれます。

 

手加減がわからない

問題は遊ぶときも怒るときも手加減がわからないこと。

くすぐるときも頭を撫でるときも体を揺するときも全力の力でやる。

怒って突き飛ばすときも、叩くときも、ふざけて上に乗るときも押さえつけるときも父母にするときと同じ力で娘にしてしまう。

悪気はない。ちょっと調子に乗っちゃうだけ。

何度も何度も「娘は小さいから優しくしなきゃいけないよ。すぐに怪我をするし弱いんだよ。」と言い聞かせてきました。

時には「優しくできないと娘は病院に行ってしまうよ。ママも一緒に行くから息子と一緒にいられないかもしれないよ」と脅したこともあります。

その場は泣いて「もうしない!」「優しくする!」「できる!」と言いますが次の瞬間には娘の背中を通ってソファに乗り上げたりしている。

 

ちょっとどうしたらいいいかわからない

これもう少し大きくなったら改善されるの?手加減できるの?他の小さい子にも優しくできるの?

ずっとこのままなの?乱暴な子になっちゃうの?仲良くなってきた子に怪我をさせたりしない?

 

同じくらいの月齢の子で親を気遣うような事を言ってくれる子もいるのに、息子は私が病気でも「大丈夫?」などといいません。「ママ起きて!遊んで!なんで寝てるの?!」です。

思いやりがない子なの?

 

でも、言うことは伝わる。怒ってる泣いてるなどの感情は分かる。学習能力もある。これから人を気遣うことも学んでくれると信じたい。

信じていいんだよね?!!