オタク主婦が愛息子しおちゃんこを育てるブログ

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

電車好きな子供とのおでかけにおすすめ!横浜市磯子区の市電保存館【2017年1月リニューアル完了!】

スポンサーリンク

こんにちはcabucafeです!

 

  1. 電車・電車・電車!
  2. 安い!
  3. きれい!

三拍子そろった魅惑のじゃんがスポット「横浜市電保存館」がステキすぎるのでレポートします!

 

横浜市電保存館

横浜の市電の歴史と横浜の街の歴史を学べる資料館です。

 

ここの魅力は何と言っても

 

見て、乗れて、触れる「車展示コーナー」!

 

他にも市電を中心とした横浜の都市交通の歩みを横浜の成り立ちと合わせて紹介する「歴史展示コーナー」

 

横浜の街を背景に地下鉄、私鉄、JRの0ゲージ車両が縦横に走るほか、昭和30年代の横浜を背景に市電の模型車両が走る「鉄道ジオラマコーナー」

 

吉村村栄さんがおよそ40年かけて制作、収集された鉄道模型コレクションの一部が展示された「多目的コーナー」

Nゲージ(鉄道模型)や市電シュミレーターもあります。

 

 

以下詳しく紹介します。

 

館内紹介 

エントランス

入り口から小鉄大喜びの写真撮影スポットが!

子供用の帽子も3種類あります。

私たちはかぶりませんでしたが大人用もあります。

 f:id:cabucafe:20170515213627j:image

まぁうちの子は泣きましたが…

 

 

 

ボタンを押すと電車が一周するジオラマ。

息子喜んで押しまくってました(*´ω`*)

f:id:cabucafe:20170515213638j:image

 あとは歴史年表とグッズショップがありました。

電車関連のおもちゃ可愛すぎて…ペーパークラフトの電車欲しかったんですが息子に速攻壊される気しかしないので購入は断念(´・ω・`)

 

 

 

車両展示コーナー

 

f:id:cabucafe:20170515213714j:image

500型、1000型、1100型、1300型、1600型、1500型、無蓋貨車の7両の電車が展示されていてどれも中に入ることが出来ます。

 

 

f:id:cabucafe:20170515213732j:image

レトロな車内

 

 

 

f:id:cabucafe:20170515213747j:image

運転席も見れちゃいます。

 

 

 

車両は停留所に止まってます。てくてく。

f:id:cabucafe:20170515213807j:image

 

 

 

車両の下も覗けちゃうよ!

f:id:cabucafe:20170515213832j:image

 

 

資料も展示されています。

f:id:cabucafe:20170515215125j:image

 

 歴史展示コーナー

f:id:cabucafe:20170515215139j:image

市電と横浜の歴史を伝えるパネルが並んでおります。

電車好きじゃない付きその大人にはこっちのほうが面白かったです笑

 

 

戦時中には男性車掌が徴兵されてしまったので女性の車掌が活躍していたそうです。

女性の車掌さんの制服かわいい!

f:id:cabucafe:20170515215149j:image

 

 

師範とかいたのか…強そう

f:id:cabucafe:20170515215157j:image

 

 

ここにも電車!息子はこの模型がお気に入りでこの周りをぐるぐる回っていました。

f:id:cabucafe:20170515215202j:image

 

 

 

多目的コーナー

f:id:cabucafe:20170515215307j:image

御覧くださいこの鉄道模型!

これが吉村さんのコレクションらしいのですがすごい数ありました!

故郷の電車の模型もあってなかなか楽しい。

個人的には機関車コーナーが好きでした。

 

 

 

鉄道模型が運転できる!

f:id:cabucafe:20170515215327j:image

と言っても前に進むのみですが、速度は調節できるので電車好きっこには嬉しいだろうなぁ

1歳半児はよくわかってませんでした^_^;

 

 

上から見るとこんな感じ

f:id:cabucafe:20170515215337j:image

 

シュミレーターのようなものもありました。

 

 

 鉄道ジオラマコーナー

横浜の街を再現したという大きなジオラマ!

f:id:cabucafe:20170515215348j:image

市電運転は無料、地下鉄運転は1回100円

しかし息子の体力はこのコーナーまで持ちませんでしたので運転できませんでした…

 

 

休憩コーナー

車両展示コーナーにあります。大きな電車を見ながらお茶が飲める電車好きにはたまらないスポット!昔の電車映像もテレビで放映されています。

 

飲み物の自動販売機とたこ焼きや唐揚げなどの軽食の販売機がありました。

あとはすぐ近くにコンビニもありますのでそこで買ってきて食べるのもいいですね。

私たちはお弁当を作っていって食べました(*^^*)

 

 

保存館概要

 

開館時間

9:30〜17:00(入館は16:30まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/29〜1/3)

※春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館

 

入館料金

大人(高校生以上):300円 

3歳から中学生:100円

65歳以上:200円 

濱ともカードまたは敬老乗車証をお見せください。

 

ICカードによる市営バスでのご来館又は市営バス1日乗車券ご利用者による来館 (高校生以上):200円 / 3歳から中学生:50円

※ICカードで支払うことはできません。

 

団体割引(20名様以上) (高校生以上):200円 / 3歳から中学生:50円 障害者手帳をお持ちの方は、付き添いの方1名を含め無料

 

 

駅からは遠いのでバスで行くのがお勧め!お安くなります。

 

 

アクセス

住所:〒235-0012 横浜市磯子区滝頭3-1-53

TEL:045-754-8505 駐車場16台(無料)

 

最寄りのバス停は「市電保存館前」「滝頭」です。

 

地下鉄吉野町駅から市営バス113系統磯子駅行・156系統滝頭行で約7分。

「滝頭」下車徒歩3分。

地下鉄阪東橋駅から市営バス68系統滝頭行・102系統滝頭行で約10分。

「滝頭」下車徒歩3分。

JR根岸駅から市営バス21系統市電保存館行・78系統磯子駅行・133系統上大岡駅行で約7分。「市電保存館前」下車すぐ。

上大岡駅から市営バス133系統根岸駅行で約20分。「市電保存館前」下車すぐ。

横浜駅東口から京急バス110系統・市営バス102系統で約30分。「滝頭」下車徒歩3分。

 

利用案内・アクセス - 横浜市電保存館

 

 

 

まとめ

2017年1月にリニューアルしたばかりのピカピカの館内!

乗れる大きな電車から走る小さな鉄道模型まで!隅から隅まで電車三昧!

そして安い!

 

大きな施設ではありませんが電車好きな子供にはたまらないスポットではないでしょうか?!

1歳半の息子は体力的に1時間半でしたがまだまだ見たりない様子。

そのうち鉄道博物館も行きたいけれど小さいうちはここで十分な気がしました。

 

授乳室や多目的トイレ、ベビーカー置き場もあるので小さいお子様連れにも安心です(*´∀`)

 

子鉄もちのみなさまぜひぜひ行ってみてください!

 

 

www.shiden.yokohama