オタク主婦が愛息子しおちゃんこを育てるブログ

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

ただ寝てるだけだと思う赤ちゃんは、私たちよりずっと勤勉です【絵日記】

スポンサーリンク

こんにちはcabucafeです。

 

産後の入院中、助産師さんから聞いた話を、ふと思い出したので描いてみました。

 

自分自身を知る

f:id:cabucafe:20170403223344j:plain

 

 

 

 

f:id:cabucafe:20170403223352j:plain

 

 

 

 

 

f:id:cabucafe:20170403223400j:plain

 

 

 

 

 

f:id:cabucafe:20170403223412j:plain

 

 

 

 

 

f:id:cabucafe:20170403223418j:plain

 

 

 

 

 

乳児ってよく自分の顔引っ掻いて傷を作ってますよね。

「痛くないのかな?」

って思ってたんですけど、それって「自分で自分を傷つけている」って気づいてないんですって。

 

「手は動かしていたら何かにぶつかった」

「顔に何かが当たって痛かった」

 

という事はわかるけど、「手を動かしていて、顔が痛くなったから手が顔に当たったんだ!」ってことはわからないんです。

 

何ヶ月も痛い思いをしてやっと気づくんです。

 

そんな、自分の体がどこまでなのか、自分自身の範囲さえ知らない子が1年ほどで立って、歩きだすってすごいことですよね。

 

そうなるまでに、

パパやママやまわりのお友達をみて「自分と違う」動き方を知って

 

どうやって動いているのか観察して

 

実際体を動かしてみて

 

ころんで痛いけどまた挑戦して

 

なんどもなんども挑戦して失敗して、気づいて

 

 

やっと立ち上がり、歩き出すんですよね。

 

 

 

これから息子はたくさんのことに気づいて、いっぱい動いてできることも増えていくと思います。

 

出来るようになることが当たり前に思ってしまう日も来るかもしれません。

 

 でも、そのひとつひとつの「できた」はほんの小さな赤ちゃんのときから積み重ねてきた発見と失敗の積み重ねです。

 

 

だから、忙しい時でも立ち止まって、できるだけその全てを褒めて喜んであげたいなぁと思うのです。