オタク主婦が愛息子しおちゃんこを育てるブログ

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

【ネタバレあり】零は将棋が好きじゃない?映画「3月のライオン前篇」の感想・考察

スポンサーリンク

こんにちはcabucafeです。

映画「3月のライオン前編」を見てきたら言いたいことがいっぱい出てきたので、感想と原作との違いなどをかいていきます。

注意:原作のネタバレと映画のネタバレを含みます!

 

 

 

ストーリー

主人公の桐山零は17歳の高校生でありながら、プロの棋士。

史上5人目の中学生でプロデビューをはたし天才とまで呼ばれた彼は、その輝かしい功績とは裏腹に陰鬱とした日々を送っていた。

 

小さい頃に家族を事故でなくし、父の友人で現在の将棋の師匠でもある幸田の家で暮らすことになるがその子供たちとはうまくいかなかった。

幸田に認められたいがため、将棋の研究に打ち込み実力を上げていった。しかし、幸田の共に棋士を目指していた実の子供たちを追い抜いてしまったことで子供たち、特に姉の香子から疎まれてしまう。

香子が父から奨励会の退会、つまり将棋を諦めろと言われた日、零は幸田家から去る。

 

家族もおらず、高校で友達もいない。

一人っきりの部屋でただただ将棋に打ち込む。

 

そしてある春の日、幸田との対局で零は勝利を収める。実の子であれば喜ばしいことであろうがその実の子を蹴落とした自分が勝ってしまったことに零の心を悩ます。

 

そんなある日、川本あかりと中学生のひなたと幼稚園児ももの3姉妹に出会って零の世界が明るさを取り戻していく。

 

しかし、姉の香子が度々零の前に現れるようになりー

 

キャラクター&キャスティング感想

メインキャスト

桐山零(神木隆之介)

17歳プロ棋士。幼少時代、両親を事故でなくし学校ではいじめられ、引き取られた家では姉弟に疎まれるというつらい体験から、ちょっと人付き合いが苦手?

 

ビジュアルからして零ちゃんそのもの!

他人からの理不尽に思わず叫び出すシーンとかね!最高!

 

幸田香子(有村架純)

零の義姉。美しくて気位が高く、激しいな性格。

将棋を愛する父に認められたくて励んできたが、父に将棋を諦めるよう言われ愛憎入り混じった感情を抱いている。

 

見る前はちょっとイメージ違うかなって思ってました。

香子さんはもっときつい顔かなって。でも、すごく良かった!高圧的な態度とかちょっと弱い部分見せるところとか、あとねエロい!

セリフと表情がー!!って悶えるシーンがあります。

原作の香子さんにない小悪魔的なエロさがありました。

 

川本あかり(倉科カナ)

ひょんなことで零と出会い、家に招いては世話を焼いている。

祖母と母が他界しており、祖父の和菓子屋を手伝いながら妹2人を育てる優しいお姉ちゃん。というか母親的な役割をしており、末っ子のもものお母さんに間違えられることもしばしば。

時々、叔母の夜のお店でバイトしている。

 

あかりさんもちょっとイメージ違うかな?って思ってたんですけど、2次元を3次元に落とし込むとこうなるんだなって思いました。

川本3姉妹のシーンって明るい回が多くてギャグっぽいところとかデフォルメ絵になることろが多いんですけど、それって実写でやったらちょっと恥ずかしいというか違和感があるんですよね。それを上手いこと実在の人間として表現してるなぁって。

 

二海堂晴信(染谷将太)

零と同じ、プロの棋士。子供の頃から零と大会で対局することが多く、一方的に親友でありライバルだと思っている。難病を抱えているが明るく熱い人。

 

染谷さんイケメン俳優なのにデブ!

特殊メイクらしいですね。しかも演技も今までとなんか違う!がさつな感じ?

 

でもちょっと残念なのが、お肌!やっぱり本物のぽっちゃりさんじゃないからちょっと肌艶が足りないっていうか…むっちりもっちり感がたりないかなー。

あとね、結構豪快がさつな感じの演技してらっしゃるんだけど、晴信さんってお育ちがいいから基本的に紳士で気品があると思うのよね!

映画だとちょっとガキ大将ぽいっていうか_(:3」∠)_

 

 

川本ひなた(清原果耶)

川本家の次女。中学生で元気いっぱい。祖父の和菓子屋の手伝いや、妹弟のももの面倒も見る働きもののとってもいい子。

 

いつも元気いっぱいのひなちゃん。イメージ通りでした。かわいい!

後編では大活躍すると思うので期待!

 

 

個人的、ナイスキャストランキング

第3位

島田開(佐々木蔵之介)

プロの棋士。プロの中でもトップ11人のA級棋士!

将棋は強いが胃は弱い。原作では頭髪も薄い…。

地元を愛し、後輩にも慕われ、悩みながらも進むその姿勢がすごくかっこいい。

 

キャスティング発表されたときから楽しみにしてました!

見た目の雰囲気もイメージ通り。島田さんには佐々木蔵之介さんしかいない!ってくらい。

零ちゃんを優しく諭してくれる様子とかたまらないです。個人的に一番良かったのは伊藤英明さん演じる後藤さんとの対戦シーンシリアスな笑いがありました。

 

 

第2位

後藤正宗(伊藤英明)

プロの棋士。島田さんと同じA級棋士。

ヤクザオーラ全開と言われるくらい、威圧的な見た目と性格。

零の義姉の香子とただならぬ関係のようだが、既婚者。そのことで零と確執がある。

 

インテリヤクザっていうか重厚感のある悪い男っぷりすっごく素敵でした!!!!

あふれる大人の男のいろけっていうか、すごいの。

なんかね、すごいのよ…。

こりゃ、香子さんも惚れるわ…

 

 

第1位

幸田柾近(豊川悦司)

零の将棋の師匠であり、育ての親。

将棋が好きすぎ。温厚な性格だが将棋に対して厳しく、そのせいで子供たちとの関係に亀裂が…。

 

私の世代だとまだ豊悦は恋愛現役ポジションなんだけどもうロマンスグレーのお父さんの役なのね…と感慨にふけったり。

見る前は、ふーんぐらいであんまり興味なかったんですけど(失礼)

すっごくよかった!

しずかに話す感じとか穏やかな雰囲気がね!

零との対戦中にぽつりとつぶやく台詞がすごく上手だなって思いました。

 

 

 感想

テーマ

前編は零の生い立ちと将棋の対局シーンが多かったイメージですが、後編には「いじめ問題」「川本家の家族の問題」が登場するそうです。

大軸は零の成長の物語だけど、「家族」というテーマもあるんじゃないかな。

 零と幸田家とか川本家とか。後藤家もかなぁ。

 

原作との違い

概ねのエピソードは原作通り。

少し順番が違っていたり、まだ原作でも解明されてない部分は原作の違うエピソードをうまく組み合わせて辻褄が合うようにしててすごいなーと思いました。

 

 あとね、原作はギャグシーンというかポップな感じのところがあるんですけど、それってとても漫画的で、実写でやるとすごく寒いと思うんですよね。それをなくしてシリアスなテイストで進んでいったので俳優さんが演じてても違和感がなかったかも。

そのかわりにシリアスなギャグでクスリとしてしまう場面がありました。

川本家のシーンってそういう漫画独特の表現とかセリフとかが多いけど、そこも無理に寄せようとしてなくて「実際にいそうな女の子たち」になってました。

 

 魅力がなくなってしまった人

ギャグシーンを亡くしたことで魅力がなくなってしまった人たちもいました。

スミス先輩(三角龍雪)といっちゃん(松本一砂)です。

この二人の掛け合いって思いっきり漫画のノリ!なので映画ではギャグっぽい掛け合いは封印されてて、それ故にいっちゃんの愛されキャラっぽいところが消えてただの面倒くさい先輩になっちゃってたかも…。

でも、出演シーンも少ないししかたないかな。

 

零ちゃん、将棋好きじゃないの?!

漫画の中では直接的に出てきていない表現「零は将棋好きじゃない」映画の中では本人以外の口から2回ほど出てきます。

 

そういえば零は将棋が好きなのか?

 

漫画を読んでいるときには気になら無かったこと、映画を見たことによって考えさせられました。

たしかに零は小さいときから父やたまに遊びに来る幸田と将棋を指していました。それは楽しかった(漫画原作中)

しかし、プロになるほど好きだったのか?

 

家族の葬儀中、幸田に

 

「君は 将棋 好きか?」

 

と言われ

 

「はい」

 

と答えています。しかしその後にこう続きます。

 

「嘘だった…人生で初めての生きるための

そして決して戻れない…」(原作1巻)

 

零は将棋が好きなわけではなかった。でも、家族をなくし帰る場所を亡くした零が生きるために嘘をついた。

また幸田家で生活するため、幸田に好かれるために研究を重ねた。

しかし、そのせいで幸田家を壊してしまった。でも今更やめることなどでいない。

 

原作のなかでは直接そんな疑問は出てこなかったけれど、改めて言われると「好き」ではなかったんだろうな。

もし零の家族が事故に合わなければ零は棋士にはなっていないと思う。

ゲームばっかりして母親に怒られたり、友達と遊びに行って勉強をサボったりしていたかも。

 

原作中で零が松永という棋士に

「将棋好きですか」と問うシーンがある。

 

知らん

知るもんか…

勝った時は叫び出すほど嬉しくて

負ければ内蔵を泥靴で踏みにじられるように苦しくて

世界中に「生きる価値なし」と言われたような気持ちにさいなまれた…

 

なのにっ…

それなのに辞められなかったこの気持を

そんな言葉なんぞで言い表せるものかっ

 漫画「3月のライオン」2巻

 

 

また別のシーンの零のセリフでこんなのがある。

こっちは全部賭けてんだよ

他には何にも持てねーくらい将棋ばっかりだよ

漫画「3月のライオン」2巻

 

 

始めは生きるためだった、今はなんと表現していいかわからないほど人生の一部なんだろう。

好きなんて言葉では表せない。

 

 

まとめ

映画によって原作の内容を深く考えさせられる、解説をされているような気持ちになりました。

決められた時間でわかりやすく表現しなくてはいけない映画だからこそ、読者が長く時間をかけて気づくこともわかりやすく言葉にしてくれてて私のようなぼんやりした読者にはとっても親切(笑)

 

大友監督に漫画「3月のライオン」の解釈をわかりやすく教えてもらった気がする。そんな映画です。

 

www.3lion-movie.com

 

『3月のライオン』羽海野チカ | 白泉社

 

 

こちらもどうぞ

 

cabucafe-shiochanco.hatenablog.com