オタク主婦が愛息子しおちゃんこを育てるブログ

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

ママも初めは経験値0でレベル1の勇者見習い

スポンサーリンク

どこで見たのか忘れてしまいましたがこんな言葉が心に残っています。

 
旦那に子供を見ててほしいと頼んだら「困るなぁ。子供が泣いたらどうしたらいいかわからないし」と言われたが、母親だって赤ちゃんが泣いたらどうしていいかなんてわからない。
でも、わからないからって誰かに押し付けることはできないから毎日毎日、おむつは濡れてないか、お腹は空いてないか、暑くないか、寒くないか…一つ一つ試してなんとかして泣きやませてる。どうして母親なら初めから子供をどうにかできると思うんだろう。

私も、出産前は赤ちゃんは無条件にママスキーと思ってたんですよ。

実際産んでみたら助産師さんやおばあちゃんの抱っこの方が泣き止むし、自分はおっぱいもうまく吸わせられないし、抱っこも上手にできない╭( ๐_๐)╮ママになったけど全然何もできない!赤ちゃんの気持ちもちっともわからない。
 
 
もうね、武器屋の娘がいきなりジョブチェンジして勇者見習いになってラスボスに挑むようなもんですよ。
 
武器だって初期装備レベル1で経験値0。ボロボロになりながら、夜泣き攻撃やうんち攻撃を受け続けているんです。
でも、毎日昼夜なく攻撃を受けているうちにだんだんレベルもあがって、勇者見習いから普通の勇者くらいになる。
ラスボスの攻撃も落ち着いてきたしそろそろ宿屋で一休みしたいなと思って、一緒にジョブチェンジしたはずの夫にちょっと番をかわってほしい。
 
 
「えっ。無理だよ。俺レベル1だし、武器もないし。」
 
「いやいや、私だってレベル1だったよ。でも頑張ってレベル上げしたんだよ。そもそもどうして一緒にジョブチェンジしたのに私だけが戦ってるの?」
 
「だって俺には武器屋の仕事もあるし、お前にはエクスカリバー(おっぱい)もあるじゃん。」
 
「エクスカリバーだって初めは全然使えなかったんだよ!血を流しながら必死に頑張って使えるようにしたんだよ!武器屋の仕事でえらそうにするならエリクサーくらい買えるくらい稼いできなさいよ!こっちはハイポーションでだましだまし回復してるのよ!宿屋くらいいかせてくれてもいいでしょ!」
 
ってなっちゃいますよねー。
お母さんは初めからお母さんじゃないんですよね。頑張って瀕死ギリギリで経験値あげて『特殊能力お母さん』を手に入れてるんです。
 
どうか、奥さんが上手に子供をあやしてたら
「ママだからな」
と、思わず
「頑張ってレベル上げしたんだなぁ」
と思ってほしい。
 
そして、今一緒にレベルあげしてくれてる旦那に感謝(*´ー`*人)