読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク主婦が愛息子しおちゃんこを育てるブログ

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

お宮参りに横浜水天宮杉山神社へ

子育て 子育て-子ども

スポンサーリンク

こんにちはcabucafeです。

 
しおちゃんこのお宮参りは2015年11月末、横浜水天宮にて行いました。
 
 

そうだ横浜水天宮杉山神社へいこう

 
横浜にはもう一つ水天宮平沼神社があるんですが、そちらはかなり待つらしい(((  °ω°  ;)))
と言うのも水天宮平沼神社は一家族ずつ祈祷をしてくれて、私達が行った横浜水天宮杉山神社は何組かまとめて祈祷をします(安産祈願もお宮参りも七五三もみんなまとめて)
 
私達はまとめてでもいいよねーということで自宅から近い横浜水天宮杉山神社へ。
メンバーは両家の両親と私達夫婦としおちゃんこ。
しおちゃんこ初めての電車&ベビーカーデビューでしたが大人しくしていてくれました(*´ー`*)
 

 アクセス

立地は京浜急行・南太田駅から徒歩10分ほど。
駅前の大通りを右にまっすぐなのでわかりやすいです。
駅にはエレベーターもありますし改札を出て、道路に出るのにもスロープがあるのでベビーカーでも楽々です。
 
しかし、神社までの歩道は狭いので6人縦に並んで行くことに。
おめかしした一行がぞろぞろ歩く様は大名行列のようですね。もちろんしおちゃんこが大名様です。
 
神社の前にはちょっと長くて急な階段があります。そこは義父、父、旦那でベビーカーごとしおちゃんこを運びます。本気で大名様のようですね!3人のスーツの男に担ぎ上げられるしおちゃんこ、後光が差してました。
 
 
階段の下には駐車場がありましたが、運転が苦手な私には停めにくそうに感じました。
 
 
 

祈祷受付

 
祈祷の申し込みは事前にHPからしていた為、初穂料を納め、名前の確認を行って、絵馬を頂きました。(HPに祈祷の申し込みフォームがあります。ハイテクですね)
 
 
ちなみに初穂料はHPに
五千円より
(御祈祷・御神札・初宮御守・喰初箸・喰初茶碗・写真・絵馬)
 
一万円より(御祈祷・御神札・初宮御守・喰初箸・喰初茶碗・写真・絵馬)+御神楽奉納・記念品・犬張子・神矢
 
とあったので五千円のほうで(。-∀-)
私は五千円ぺらりとお財布から出す予定でしたが数日前にお母様から御祝儀袋は?と言うのお話があったのでちゃんと用意しました(*`・ω・)ゞ←テキトーな嫁
御祝儀の表書きは子供の名前書くそうですよ!
 
この時に一緒に安産祈願の時のお札や腹帯なんかをお焚き上げしてもらうために渡しました。他の神社の御守りもお焚き上げしてくれるそうです。
 
 

待合室

待合所は新しいのかとてもきれいでした。
さすがお子様連れが多く訪れる水天宮、ベビーベッドと授乳場所として衝立で覆ったスペースもあります。授乳場所にはテーブルとイス2脚が設置されていました。
 
待合所にて絵馬を書きながら写真撮影の順番を待ちます。
そう!ここでは宮司さんが写真撮影をしてくれるのです。撮影時のみ祝着の貸し出しもあるそうですが、私達は義両親に持って来ていただいた旦那の祝着を着せました(。・ω・。)親子で同じの着るってイイネ!
そして祝着を宮司さんが着せてくれました。やり方わからないからありがたい!
 
 
 

念願の記念撮影

 
宮司さんに名前を呼ばれて写真撮影へ。
祝着は本来、赤子の父方の祖母に赤子を抱いてもらって着るんですけど今回は私めが。
なぜかと言うと写真撮影がですね、6人じゃ赤子の顔がちっちゃくなっちゃうので(´・_・`)
2人くらいがいいですよ、と言われたので旦那と私としおちゃんこ3人でとってもらって、両家両親には後で撮影会をしようということに。
 
撮影場所は本殿をバックに宮司さんがいい感じのポジションに誘導してくれます。本当に神職ですか?と言うほどに手慣れていらっしゃる(ほめてる)
そして宮司さんの後ろからスマホ片手に忍び寄る実母と義父
笑っちゃうからやめてー
 
その後続いて義両親にしおちゃんこだいて写真撮影しようと思ったらすぐに祈祷に呼ばれました。
 
 

宮司さんのお祈りがはじまる…ッッ!

 
呼ばれた方本殿にお入りくださいということで、ぞろぞろと中に入ると長椅子が並べられています。
 
最前列は
安産祈願を受ける女性、お宮参りの赤ちゃんを抱いた方、七五三のお子様
 
この時は七五三のご家族1組、お宮参りが私を含め2組、安産祈願は3、4組いらしたようでした。
 
そして、祝詞がはじまるんですが
鈴の音にびっくりして泣き出す我が子
太鼓の音に起こされて泣き出す隣の赤子
御神楽奉納の舞に笑い出しちゃうお子様(気持ちはわかる)
と、なかなか賑やかなことになってました。
 
しおちゃんこは一瞬だけないて後は大人しくしていてくれました。母はずっとソワソワしっぱなしでしたが。
 
そしてここで、ちょっと恥ずかしいことが!
 
祝詞で「平成◯年◯月◯に生まれたどこそこに住まう誰それの子供、しおちゃんが〜」って紹介されるんですけどアパート名まで紹介されてしまいました( ºωº; )
 
これ、最初の申し込みで入力したまま言われてしまうんですね。神様にはどこに住んでる誰それって言わないと願い届かないと聞いたことはありますが(神様って住所聞いたら場所わかるのかな。Googlemapでくるのかな)アパート名は省けばよかったかなぁと思いました。近くまで来たらわかるよね?神様だし。
あとは心の中で補足しておくとか…
 
そのあとはお守りやらお札やらをもらって終了です。
 
これで、神様に見守られてしおちゃんこもすくすく育つことでしょう。
おわり