読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク主婦が愛息子しおちゃんこを育てるブログ

マンガと謎解きが大好きオタク主婦が2015年10月に生まれた愛息子しおちゃんこを育てる軌跡やマンガのことなどをつらつらと書き連ねたり絵を描いたりするブログ

知識0から5ヶ月で宅建に合格した話【短期間の勉強方法】

資格 資格-勉強

スポンサーリンク

7年程前、宅地建物取引主任者(宅建)ってどんな資格?レベルだった私が合格率約16%(受験当時)の試験に5ヶ月勉強して合格した話をします。

 
当時私はデパートで販売員をしていました。
不動産業とはまったく縁のない仕事です。
家を借りたことは1度きり、もちろん買ったこともない。さて、どこから勉強を始めようか。
 

結論

ユーキャンです(笑)
 
回し者みたいになっちゃいますがユーキャンさんのおかげです(^_^;)
 
ユーキャンの教材には
テキストと過去問題集がありました。
この過去問題集が優秀でよく出題される部分を抜粋して、設問ごとにこの解答はここがこうだから×ということをかなり詳しく解説してくれています。
 
 

勉強方法

 
まず、宅建の試験は選択問題です。
4つの選択肢の中から正しい、または誤ったものを1つ選びなさい。というもの。
 
つまり、詳しい数字や単語を覚える必要はありません。なので、机に向かって単語を覚えるまで書くという作業は必要ありませんでした。
 
私がとった勉強方法はとにかく過去問題集を読み込むというもの。
これはユーキャンの「短期間で資格を取得するための勉強方法」として紹介されている通りの方法です。(そんな、言い方だったかどうかは忘れた)
 
  1. テキストを全て読む。内容はわからないけどとにかく読む。
  2. 過去問題集を解く。
  3. 解けなかったページにしるしをつけて、その問題に対応する部分をテキストでおさらいする。
  4. 解けなかった過去問題を解く
  5. 過去問題集のそれぞれの選択肢について「これはこうだから×、こうだから正解」と解説まで出来るようになるところまで3と4を繰り返す。
これだけです。
 
そうすると問題の制作者の意図がわかるようになるんです。
 
これは他の勉強にも共通することだと思いますが問題集は1つの問題集を何度も解くことに意味がある
何種類もの問題集を解くより、1冊の問題集を全部解けるようになるまで繰り返し解くほうがずっと身になると私は思います。
 
 
ちなみに私の勉強時間は1日2、3時間くらい
そのほとんどが通勤電車の中です。
問題集を読むだけなので通勤時間を利用して勉強することができました。
 
まぁ、ユーキャンの宅建講座だと費用が63000円とちょっとお高めです。
受験料、登録実務講習、登録申請手数料、取引主任者証交付手数料などで約70000円かかるのでもっと安くて評判のいい問題集があればそっちのほうが…
 
あくまで私が合格した方法ですので((((;´・ω・`)))
 
 

最後に注意

 
この勉強方法は試験に合格するための勉強方法です。
なのできちんと実務に必要な知識が身についているかといえばとりあえず私は身についてない(笑)
 
試験にあまりでない部分はとばしているし、単語や数字などは正確に覚えていない。
 
これから宅建の知識を蓄えて実務で生かしたい人には全くオススメしない勉強方法です。
 
以上、私が不動産の知識0から5ヶ月で宅建に合格した話でした。
 

www.u-can.co.jp